有資格者が施術!気兼ねなく通えるダンディハウス

髭や体毛が濃いと秘かに気にしている方もいることでしょう。そんなみなさんにオススメしたいのが、テレビのCMで知られているダンディーハウスです。ダンディハウスは他のサロンやクリニックにはない、脱毛効能の高い独自の美容電気脱毛を取り入れています。
ここでは体毛の種類や仕組み、自身で脱毛できる家庭用脱毛器の紹介を交えつつ、ダンディーハウスの美容電気脱毛について解説します。知識を身に付けて、正しい脱毛を行えばきっと求めている効果が得られるでしょう。



体の毛の種類や仕組みに関して

人に生えている身体の毛は大きく分けると性毛と無性毛の2つに分けられます。
性毛とは、第二次性徴期を迎えると生えてくる毛で、わき毛陰毛がそうです。性毛の特性として毛が太く毛根組織が強く、生え方に一定性がないといった点が挙げられます。また、体臭を発生させるアポクリン汗腺がある点も特性になります。
さらに性毛は、両性毛と男性毛に分けられます。男女ともに生えるわき毛や陰毛は両性毛です。髭や胸毛、スネの毛、前頭部及び頭のてっぺんの毛髪など男性ホルモンの影響で生える毛が男性毛です。
無性毛は、性毛以外の毛のことを言います。性ホルモンの作用を受けにくい頭髪の側頭部や後頭部、まつ毛や眉毛などは無性毛にあたると言われています。それに、腕や脚の毛も無性毛に含まれています。性毛とは反対に毛は細く、一定した方向に毛が生えているのが性質です。
性毛と無性毛は毛の生え変わるサイクルにも違いがあります。人間の毛は成長から退行そして毛が抜け、休止期間を経過して再び生えてくるという毛周期のサイクルを繰り返しています。性毛はこの毛周期のスパンが長く、生え変わるまでに1年から2年は期間を要します。対して無性毛は毛周期が短く、体に生えているのは約4ヶ月間ほどです。



ダンディハウスの美容電気脱毛とは

ダンディハウスの脱毛は、美容電気脱毛と言われているものです。
アメリカでは古くから実用されていた脱毛方法で、130年以上の歴史があります。このため技術の蓄積もあり、安心して施術できるのが美容電気脱毛です。
美容電気脱毛は、包に毛と同じ太さのブローブという電極を入れて、この電極に電気を流して脱毛をします。このように、電気のエネルギーで毛根組織にダイレクトにダメージをあたえるため、脱毛の効力の高い施術方法といえます。ケアの済んだ毛はその時点でなくなり、その後生えてくることはありません。このためほぼ永久的に脱毛の効き目は続きます。
施術で使われるブローブの先端は丸みを帯びており、皮膚を痛めることはありません。くわえて、使用後のものは使い捨てになり、ブローブは施術ごとに新しいものが使用されるので安全性も保証されています。ただし、電気を使って処置を行うので脱毛には痛みをともないます。
しかし、ダンディハウスでは痛みを軽減できるように、普段使用されるステンレス針以外にゴールド針も準備しています。
ケアはひとつひとつ毛包にブローブを入れていくとても精密な作業になりますが、ダンディハウスでは美容電気脱毛の資格を取ったスタッフがケアを行っているので心配はありません。



美容電気脱毛と他の脱毛方法との違い

脱毛法にはダンディハウスで行われている美容電気脱毛以外にも、光脱毛や医療レザー脱毛があります。美容電気脱毛やレーザー、光脱毛を比べた時の最大の違いは脱毛効果です。美容電気脱毛は永久脱毛と言えますが、レーザー脱毛や光脱毛は半永久脱毛、減毛と呼ぶべき脱毛法です。
ダンディハウスの美容電気脱毛は、ブローブから電気エネルギーを毛包に加えて毛根組織にダメージをあたえていく脱毛法です。このためケアが済んだところからは、毛が再び表れることはほぼありません。
対して光脱毛やレザー脱毛は、皮膚の表面に医療レーザーや光を照射して施術をします。医療用レーザーと照射される光はともに黒色に反応します。当てることによって、レーザーと光のエネルギーが毛のメラニン色素を捕らえて毛根組織にダメージをあたえていきます。
このため1回のケアでは脱毛はできず、ヒゲの場合は3週間から1ヶ月半、体毛なら1ヶ月半から3ヶ月に一度レーザーや光を当てていかなくてはいけません。さらに、時間がたつと再度毛が伸びてくることもあります。



自分で脱毛できる?家庭用脱毛器とは

エステサロンやクリニック等で脱毛する方法もありますが、最近は自宅でも脱毛が行えるように多くの企業から家庭用脱毛器が売られています。主なものでは、光を利用するタイプとレーザーを利用するタイプ、さらにサーミコン方式があります。
レーザーや光を利用する脱毛器は、エステサロンやクリニックで使用されている機器と同じ原理を用いたものです。毛周期に合わせて、メラニン色素の黒色に反応するレーザーや光を当てて、毛根組織に負荷をあたえていきます。
レーザー脱毛器はレーザーを当てられるる機器で、出力が強いのが特性です。脱毛効能は高いのですが、照射範囲が狭く痛みも出るという面も持っています。
光を使う脱毛器はレーザーよりもパワーは落ち、脱毛を感じるのにも時間が必要です。しかし、広範囲にあてられ痛みが少ないというのが特性です。
サーコミン方式は、熱線を使ってこのエネルギーで毛を焼き切っていくという仕組みです。こちらは、脱毛器というよりも除毛器と呼んだほうがふさわしいかもしれません。しかし、熱線は毛母細胞まで伝わるので、毛の生えるスパンを遅らせることができます。こちらは肌につけて利用するものではないので、痛みがなく肌が荒れないというのが強みと言えるでしょう。